トップ

住宅を売る場合の事で

住宅が売れない場合の事

売れない住宅の理由について

家を売りたいけども売れない理由として共通点があります。一つは一戸建てでこだわりのある注文住宅はかえって個性が裏目に出る為、査定も低くなる上に買取手がつくかも難しい事が考えられます。多くの中古購入希望者は一戸建て購入の場合には必要最低限の設備や内装等プラスアルファの特徴を求めている事は二の次である事が多く、こだわって作った部分が選ぶ基準から外れる事が多く、使い勝手が悪いデメリット部分に感じます。また築年数よりも大切なものに立地面です。中古住宅になってしまえば建物の価値はどんどん落ちていく為、中古物件の希望の方は土地イコール立地面に注目します。多少の築年数が経っても場所が良ければ購入にまで至るケースもある為、買い手がつかない場合には立地面に問題があるかもしれません。

家が売れないときにとる方法

住宅が売れない時はまずは原因を考えることが大切ですが、原因がどんなものであれ、価格を下げるという手段は共通して有効になります。しかし、不動産会社の実力不足ということも考えられます。不動産は平凡で一般的な家ほど需要があります。逆に、特徴のある家は売れ難いです。しかし、不動産会社に実力があれば、「防音室がある」、「トレーニングルームがある」といった普通に販売したら買い手がつきにくい不動産でも高く売却してくれることがあります。住宅が売れない場合には、価格を下げることも有効ですが、不動産会社を変えてみることも考えてみましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 住宅が売れない場合の事. All rights reserved.